販売データ110番

ポートフォリオ1

「ポートフォリオ」、このことばを聞いたことのある人はすごく多いはず。
何せ40年前に提唱されて、ビジネス戦略関連のセミナーでは、必ずといっていいほど出てくることばだからである。

ところがこのポートフォリオ、意外に使われていない。
セミナーなどでポートフォリオを知って、「これだ!」と思う人は多くても、2つの壁に突き当たって先に進めないからのようだ。
ひとつは、ポートフォリオに関する説明・解説が断片的、または概念的なものが多く、基本から応用まで、整理された知識として習得しにくいこと。
もうひとつはポートフォリオ分析に使うチャートを、「手」で描くのが大変なこと。
この二つの理由で、「使いたくても使えない」ことが多いのだ。

そうはいってもこのポートフォリオ、「競争に勝つためのヒント」を分かりやすく示してくれる、非常に「戦略的」な分析手法なのでゼロから書き進めてみようと思う。

なぜ、ポートフォリオは「戦略的」だといわれるのか?

実はポートフォリオは元々、「投資家」が投資対象物のバランスを点検するためのチャートを意味していた。そして「ポートフォリオ」ということばは、投資家が財産目録を挟みこんでいる「紙ばさみ」からきている。
投資対象物の選択にあたっては、「リスキーだが当たればデカイ」ものと、「リスクは小さいが見込み利益も少ない」ものとのバランスを考えなければならない。

投資管理用ポートフォリオ

そこで、図のようにリスクと利益を軸にとったチャート上に投資対象物を配置して、全体のバランスを点検しようとした。これがポートフォリオである。
このように、ポートフォリオは「投資」の世界から来ている。
したがってポートフォリオでネット検索すると、証券会社のページがたくさん出てくるのである。

寄り道をしてしまったが、このポートフォリオを販売戦略に応用したのがボストン・コンサルティング・グループ(BCG)。
何のために・・・ 40年前、日本企業が「安さ」を武器に、米国への輸出シェア拡大に走っていたころ、それを迎え撃つゼネラル・エレクトリック(GE)社の戦略として、BCGが提案したのである。
その骨子は、自社の事業(製品)のシェア(強みと弱み)、市場における成長度合いを表示したチャートをもとに、それぞれの事業ごとに競合状況を整理し、それに見合った戦略を検討しようとするものであった。

この経緯からも分かるように、ポートフォリオは「競争」を明確に意識して、それに「勝つ」ための分析手法として位置づけられるのである。

次回から、このポートフォリオについて、具体的に述べていこうと思う。