販売データ110番

データ分析のためにまず調べること

販売管理システムやPOSシステムを利用していれば、基本的に販売データは存在する。

それをデータ活用に役立てるには、原始データをCSVファイル形式で取り出して利用する。

原始データに含まれる情報は、取引の証拠として必要な項目は必ず入っているが、データ活用に利用できる情報が含まれているかどうかは、企業のシステムや運用状況によって千差万別である。

そのためデータ活用をご検討の向きには、現在入手できるデータにどんな情報が含まれているかを、まず確認されることをお勧めする。

Comments are currently closed.