販売データ110番

はじめての販売データ活用塾

 

「販売データを業務に生かしたいが、どう進めていいかわからない・・・」

「販売データは宝の山」 といわれて久しいのに、多くの方が悩んでいます。

実は、データ活用の成果を実感できるところまで進むには、「検討や学習」しなければならないことが結構あるのです。

それは次の3項目。

1.データから何がわかるのか?
2.データとツールの準備
  必要な元データ、ツールの選択
  データの加工・分析方法とツール操作の習得
3.分析結果を実務にどう生かしていけばよいのか?

 

いずれも「どこから手をつければよいか」、「わかりやすい資料があるのか」…、なかなか手ごわそうです。

これらのテーマについてエス・ピー・ピーは、これまで実施したセミナーやお客様との議論を振り返り、効果的なアプローチ方法をまとめてみました。

まず、[1] と [3] については、事例を元にじっくり考えて、データ活用の可能性を探っていただくために、この「活用塾」を開きます。

    • 「業務別講座」では、経営幹部、マネージャなど、それぞれの立場でのデータ活用を考えます。たとえば「営業マネージャ編」では、日常行っている目標管理、部下指導、グループ会議などの目線で、チームの知恵を結集して行動に移すためにどうデータを生かすのかを紹介していきます。
    • 「分析手法講座」では、統計知識がいらない直感的なグラフによる手法を紹介します。
    • 「よもやま話」では、これまでに受けた相談や、おもしろい成功事例など、参考になる記事を書いていきます。


そして「データ活用」の可能性を実感していただけたとき、エス・ピー・ピーでは [2] の項目について、1日で実現して実用に移す手段『GRAPHKA5』をご提案致します。

……………………………………………………………………………………………………………….

『GRAPHKA5』の特長

  • DB不要で、1日で導入できる
  • 集計指示はExcelの使用イメージ
  • 集計と同時にグラフ環境を自動生成
  • [1] と [3] のテーマ追求に最適化したグラフ環境を提供